介護日記

杉並区の介護者ヘルプサービス「ほっと一息」

「ほっと一息」は杉並区がやっている介護者支援。

同居しながら高齢者を介護している家族の休息を図るために、ホームヘルパーを派遣して、家事などの支援をしてくれるシステムです。

昨年、ケアマネさんが教えてくれて、区に申請をし、
昨年度は、途中からだったので、12枚

今年度は、1年分で、24枚の利用券を頂きました。

この「ほっと一息」を利用すると、ヘルパーさんを1時間300円でお願いすることができます。

母は、昨年末から、パニック症状を起こして、何度も救急車を呼んで救急病院の時間外外来へ運んでいました。

突然「痛い痛い」「苦しい」と言い出して、救急車を呼んで病院連れて行って、と騒ぎ出したら、舌下錠を飲ませても、落ち着かなくなります。

で、狭心症も持っているのでほおっておくこともできず、119番通報。

毎回、あちこち、検査をして、心電図にも、血液検査の結果にも、異常は認められず、痛み止めやら、栄養剤みたいなものやら点滴してもらって帰るのですが、検査にも、点滴にも時間が結構かかり、早朝に病院に運び込んでも、午前一杯かかったりしてました。

肩や首や膝が痛むのは、致し方ないとしても、胸が痛いといって救急搬送されて、お医者さんにどこが痛みますか?

と聞かれては

「首」

だの

「膝」」

だの、

「肩も首も全部」

とか、

わけのわからない回答になっていました。

で、結局、

痛み止めとしても効くということで、

サインバルタカプセル(うつ病の薬らしい)

と、パニック症状の時は、ワイパックスを頓服

デイサービスに毎日行って、一人にしない。

ということで落ち着きましたが、

デイサービスも始める前に、お試し見学があって、担当者会議をして、
と、すぐに始められるわけでもなく、

年度末繁忙期に入る季節に、毎日のように、半休、全休を繰り返し、会社に行く日も、前夜救急車で病院行って付き添いしたりして、私自身も疲労困憊。

この時期に、「ほっと一息」大活躍してもらいました。

フルタイムのデイサービスを新しいところで復活させたのが2月の2週目だったかな。

それまで、午後からのデイサービスの送り出しをお願いしていたヘルパーさんに、

平日誰も居なくなる昼間に、来ていただいたり、

救急病院から、帰った後私が会社に行かなければならない時に来ていただいたり。

こちらとしては、側に居てもらえばいいだけなのですが、

「ほっと一息」は介護者ヘルプの券なので、

介護者の休息のための家事サービスが、メイン。

なので、お掃除とお昼ご飯の支度とかをお願いしました。

ともあれ、「ほっと一息」券の集中利用で、1月2月を乗り切った感じでした。

介護保険サービスで利用できるサービスも、細かく色々な規定があり、

何でもお願いできるっていうわけでもありません。

ただ、母の側に居て欲しいと思っても、

ヘルパーさんを自費でお願いするとなると、2時間で4千円弱かかってしまいます。

誰も居ない一日の中で、ちょっと、お掃除がてら、一緒に話し相手をしてもらえるだけで、かなり助かる場面も多いものです。

今回の24枚のほっと一息チケット。

大事にとっておいて、大事に使わせていただこうと思います。

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2371973470057080"
data-ad-slot="6866468604"
data-ad-format="auto">


ほっと一息利用条件



この「ほっと一息」が利用できるのは、基本「要介護1」以上です。

介護保険の要支援1又は要支援2の方でも、、認知機能の低下により日常生活に支障があり、支援が必要であると認められる方であれば、「認知機能確認書」の提出により、「ほっと一息」サービスが受けられるようです。

券1枚につき、¥300で1時間ですが、

一日に、6時間までの連続使用が可能です。

受けられるサービスは、

日常的な掃除、洗たく、調理、生活必需品の買い物などの生活援助サービス。

通院補助などは、含まれません。


「ほっと一息」は杉並区がやっているサービスですが、他の自治体でも同じような介護者支援サービスはあるのでしょうかね。

認知症のお年寄りは、身体に問題がないと、要支援から要介護に移行されないケースも多いようですが、特別養護老人ホームも、基本要介護3以上ですが、認知症の方の場合は、要介護度がそれ以下でも入れる特例もあるとか。

認知症って、人それぞれで、症状も違いますが、家族の負担は、思いがけないところで、疲労が積み重なります。

ちょとづつでも、介護者へのサービスが増えてくれるとありがたいです。

特に仕事をしながらの介護者の場合。

「ほっと一息」の利用や、

「老健のショートステイ」の利用で、私の休息時間も確保しつつ、

母の状態も、落ち着きを取り戻しつつあります。

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2371973470057080"
data-ad-slot="3913002201"
data-ad-format="auto">


関連記事

  1. 介護日記

    老健のショートステイ初体験

    母が、老健(老人保健施設)のショートステイを初体験しました!「…

  2. 認知症

    介護日記

    老健のショートステイとコードブルー再放送

    人気ブロガー、あしゅらさんの、介護ブログ「13番さんのあな」の「じいち…

  3. 認知症

    介護日記

    大山のぶ代さんの認知症介護をしていた砂川啓介さん亡くなる

    大山のぶ代さんの夫、砂川啓介さんが亡くなられました。がんだった…

  4. 認知症

    介護日記

    患者を生きる(認知症)朝日新聞と認知症の症状

    患者を生きる(朝日新聞)認知症今、朝日新聞の生活欄の「患者…

  5. 認知症

    介護日記

    母のショートステイと周囲の高齢化

    母が今月も無事老健のショートステイを終え帰宅。老健からの連絡事…

  6. 筋トレ

    介護日記

    デイサービスとデイケアの違い

    デイサービスとは「通所介護」デイケアとは「通所リハビリテーショ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 介護日記

    認知症の周辺症状?パニック症状の対応
  2. 認知症

    介護日記

    患者を生きる(認知症)朝日新聞と認知症の症状
  3. 認知症

    介護日記

    毎朝迷うこと
  4. お買い物

    アマゾンプライムでリハビリパンツ
  5. 雑学

    祝日と祭日の違いとみどりの日と昭和の日の意味
PAGE TOP