介護日記

老健のショートステイ初体験

母が、老健(老人保健施設)のショートステイを初体験しました!

「ショートステイ」という言葉は、耳にしたこともあり、介護が必要な人を短期間預かってもらえること。

というくらいの認識でした。

どこに預かってもらうのかなあ?

老人ホーム?

って感じですが、実は「老人ホーム」と「老人保健施設」のショートステイでは名称がことなるのだそうです。

これも、初めて知りました。

特別養護老人ホームへのショートステイは「短期入所生活介護」

老人保健施設でのショートステイは「短期入所療養介護」

老健では、医療面で心配のある肩が利用するという意味合いだそうです。

老健のショートでは、看護師や准看護師の職員の配置義務も特養より多くなっています。

今回ショート利用させていただいた老人保健施設では、ショートステイの方は、全体の1割程度だそうです。

通常利用されている方は、要介護3くらいの方がメインで、

脳梗塞や、骨折などで車椅子生活になった方が自宅へ帰るまでのリハビリをしながら生活する施設ということです。

最初見学に行った時、要介護度の高い方が多く見受けられ、母はここでなじめるのかなあとちょっと不安に思いましたが、ショートステイ利用の方は、母のように、見た目元気そうでも、短期記憶障害のある方とかもけっこういらっしゃるということでした。

老健ショートステイのデメリット



老健ショートステイを利用する前に、ネットで色々、ショートステイ利用のメリットとデメリットを検索していました。

そこで、気になったのが

ショートステイ利用前は、自由に歩いていたのに、ショートステイ利用中は安全面を考慮して車椅子ばかりだったので歩けなくなった

とか

生活環境を変えたことで、認知症が進んだ

とかいうお話。

デイサービスの方に伺った話でも、

ショートステイ利用が長くなると、ベッドに居る時間が増えて、外出が億劫になり、
家に帰ったときに、デイサービスへ行かなくなってしまった。

とかいうお話。

でした。

ショートステイの場合、レクリエーション的なことはやっていても、デイサービスほどきめ細かなサービスが提供されるわけではないため、退屈してしまうかも。

とか。

老健はリハビリ施設でもあるわけですが、ショートステイの場合は、個別のリハビリとかは特におこなわれず、全員での簡単なリハビリ体操的なものくらい。

というお話なので、リハビリ的なことは、ちょっと期待はずれな感じ。

認知症が、進んでしまうのは困るなあ・・・・

と、ちと不安に。

でも、どんな施設であれ、100%期待通りというわけには行かないものだから、とりあえず利用してみましょう。

という書き込みもあり、

そうですよね!

と、ちょっと安心。

では、ショートステイ利用のメリットは。


老健ショートステイ利用のメリット



ショートステイ利用の大きなメリットの一つは

「介護している人間の休息」

介護側の都合って話ですね。

介護もこの先、長期間にわたるであろうことを考えると、

一定期間、介護をお休みできることは、とてもありがたい。

老健のショートステイは、定期的に利用することができるというのも、初めて知りました。

月イチとかで利用する人もいるようです。

もちろん、「空き」があればの話ですが。

医者と、看護師が常駐し、介護師の方がいらっしゃる場所で生活できる。

というのは、大きな安心にも繋がります。

母の場合、

デイサービスでは、身体の痛みを全く訴えることは無いのに、

家で夜間に、頸が痛い、肩が痛い、膝が痛いと大騒ぎになり、

痛み止め+安定剤でやっと寝る

という状況もあったため、

お医者さんと看護師さんがいて、常に回りに人がいる状況なら、安心して、痛みもでないのでは?

という期待もありました。

以前の母とは違う、「短期記憶障害」のある認知症患者の母が

一人で、4泊5日外泊して、本当に大丈夫?

という不安と、

人とすぐ仲良くなれる母なので、常に人がいる環境で安心して生活できるかもしれない。

少しでも、身体の痛みを感じない時間を増やしてあげたい

という期待とのせめぎあいの中で、

ちょこっとドキドキしながら、初めてのショートステイに母を送り出しました。

続く。

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2371973470057080"
data-ad-slot="3913002201"
data-ad-format="auto">







ピックアップ記事

  1. 在宅勤務 リモートワーク

関連記事

  1. 認知症

    介護日記

    叔母の介護認定

    母の姉にあたる叔母が介護認定を受けることになる!先日調査員の方…

  2. 介護日記

    肩の痛みで腕が上がらない原因は?

    母は年中「肩が痛くて、腕が上がらない」と訴えます。肩の…

  3. 介護日記

    認知症の症状、初期から末期までの進行スピードはどのくらい?

    アルツハイマー型の認知症の母ですが、やっぱり気になるのは、末期…

  4. 介護日記

    小林麻央もやっているハイパーサーミア(温熱療法)の費用はガン保険でおつりがくる!

    ハイパーサーミアという癌治療のための温熱療法を小林麻央さんが受けている…

  5. 介護日記

    杉並区の介護者ヘルプサービス「ほっと一息」

    「ほっと一息」は杉並区がやっている介護者支援。同居しながら高齢…

  6. 介護日記

    認知症と失神と医療保護入院

    認知症進行中の一人暮らしの叔母成年後見制度申し立ての準備を進め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. テレビ

    ペニシリン
  2. スクワット

    テレビ

    ディズニーシーのはじめてのおつかいと93歳のひいばあちゃん
  3. 認知症

    介護日記

    肩に尿取りパッド
  4. 介護日記

    老人ホーム
  5. お買い物

    アマゾンプライムでリハビリパンツ
PAGE TOP