介護日記

老健のショートステイ

老健のショートステイ利用をケアマネさんに進められ、面接に行ってきました。

老健とは



老健とは、「介護老人保険施設」の略。

医療法人や社会福祉法人などが運営する、公的な介護施設です。

主に医療ケアやリハビリを必要とする要介護状態の高齢者(65歳以上)が入居できます。

入居一時金はなく、利用料金も比較的安く利用できます。

あくまでも在宅復帰を目的としたもので、提供されるのは自宅などに戻るためのリハビリが中心です。

医療措置や、機能訓練が充実していますが、デイサービスほど、レクリエーション的な部分は充実していません。

基本的に、入院生活から、自宅に戻るためのリハビリを行う施設なので、老人ホームのような終身制ではありません。

入所期間は、基本3ヶ月間。

長期入所はできません。

見学に行った、老健でも、メインの利用者は、要介護3とかで、車椅子の方が多くいらっしゃいました。

脳梗塞や、骨折をした方がリハビリ中。

という方が多いそうです。

4人部屋のお部屋は、一人分のスペースがかなりゆったりとしていて、トイレも部屋の中にはありませんが、各部屋の隣にあるので、安心な感じです。

老健のショートステイ



老健でも、割合は少ないですが、1ヶ月未満の利用のショートステイの方を受け入れていて、毎月、何日かショートステイを利用する。
といったような、継続利用ができるそうです。

ケアマネさんが進めてくれたのは、この、ショートステイの継続利用。

毎月、1週間は、ショートステイのお泊り。

と習慣化していまえば、介護者の私の負担軽減に繋がる。

とのことからのオススメでした。

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2371973470057080"
data-ad-slot="6866468604"
data-ad-format="auto">


老健のショートステイ料金



老健の利用料金は、介護保険費用の減額申請を出したので、

食費宿泊費込みで、1日2400円程度。

要介護2の場合、

短期入所療養介護サービス費(多床型) ¥995
滞在費 ¥370
食費  ¥650
短期送迎加算¥201


5日の利用として、12000円ほどです。

老健のリハビリテーション



老健なら、リハビリもやってくれるから、ショートステイいいね。

と、精神科の先生にも言われましたが、

リハビリテーションは、基本、長期利用者に対して行われるので、ショートステイの場合は、特に行われないようです。

全員で行うリハビリ体操くらいですって。

ショート利用では、リハビリの計画もたてられないし、効果もわからないから。

そりゃそうだ。

ショート利用者の中には、母の様な、短期記憶障害の方も多いそうで、

見た目全然元気なんだけど、ちょっと前のことは全く覚えていない。

というタイプ。

施設全体としては、特に認知症対応が得意っていうわけでな無い感じですね。

ゆったりとした病院。

っていう感じ。

老健のメリットとデメリット



定期的に老健を利用できるメリットとしては、

まず、介護者の負担軽減という面が大きいですね。

母はまだまだ、認知症も初期~中期にかかりかけ・・・

っていう感じですけど、

だんだん、家でも、一人にしておけない感じになってきていて、

そうなると、やっぱり、こちらの疲れも溜まってきます。

認知症介護も長期にわたることを考えると、

定期的に、入所できて、介護者が介護人から、離れる時間が持てるのは、かなりありがたいことです。

母にとっての、メリットは、

何しろ、一人で居ることの不安から解消されることでしょうか。

医者が常駐している施設で、看護師さんがいて、入居者仲間と同室であれば、

一人の不安は解消されます。

デメリットは、

デイサービスの方に聞いた話では、

預ける方は、楽になるので、だんだん、ショートステイの日数も長くなると、

入っている間、寝てばかり居るようになって、

自宅に帰った時に、デイサービスへの外出を億劫がるようになってしまう場合もある。

ということでした。

今、デイサービスがとても気に入っていて、

週4日のデイサービス通いが、軌道に乗ってきているので、そのリズムを崩すのもどうかな。

という思いもあります。

まあ、母の性格からしたら、同じような状態のショートステイ利用者を見つけて、朝から寝るまで楽しくおしゃべりしていてくれれば、いいかなあ。

と、思いますが。

あとは、ベッドでの生活で、施設にいる間に、夜痛みの訴えがどうでるか。

だなあ。

大いに精神的な影響が大きいといるので、

看護師さん常駐の、病院みたいな施設に居ることの安心感で、夜、痛みを訴えなければ、大成功です。

入院生活で、認知症が進むという話も聞きますが、

一応、レクリエーションタイムもあるし、

人と仲良くなることは得意な母なので、

老健でのショートステイ生活も、それなりに、満喫し、

毎月、利用できるようになると、いいなあ。

と思います。

家に一人。

これが、やっぱり、あまり、宜しくないですね。

やっぱり。

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2371973470057080"
data-ad-slot="3913002201"
data-ad-format="auto">


関連記事

  1. 介護日記

    小林麻央もやっているハイパーサーミア(温熱療法)の費用はガン保険でおつりがくる!

    ハイパーサーミアという癌治療のための温熱療法を小林麻央さんが受けている…

  2. 介護日記

    医療保護入院とは

    いきなり出てきた「医療保護入院」って・・・・ネットで調べると、…

  3. 介護日記

    認知症が進み介護認定再調査

    母の認知症が進んできて、パニック発作を起こすようになり、一人で置いてお…

  4. 認知症

    介護日記

    13番さんのあなが本になった!!

    アメブロのトップブロガー、あしゅらさんの介護ブログ「13番さんのあな」…

  5. 介護日記

    認知症の症状(初期)について

    認知症のはじまり母が認知症の薬、アリセプトを服用しはじめて、1年半…

  6. 介護日記

    母流血!

    日曜日の朝さあて朝ごはんを食べましょうかと、布団をたた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 認知症

    介護日記

    母のショートステイと周囲の高齢化
  2. 日記

    「姻族関係終了届」を出した人が本当にいた
  3. 介護日記

    家庭の事情
  4. 介護日記

    肩の痛みで腕が上がらない原因は?
  5. 介護日記

    叔母の認知症進行と成年後見人制度
PAGE TOP