介護日記

肩の痛みで腕が上がらない原因は?

母は年中「肩が痛くて、腕が上がらない」

と訴えます。

肩の痛みを訴えるようになったのは、3年前の12月でした。

肩の痛みの原因は「五十肩」



2014年12月、リウマチと診断される半年前、

突然「肩が凄く痛くて、腕が上がらない」

と言い出しました。

近くの整形外科を受診。

診断結果は、「五十肩」

肩周りの筋肉の「コリ」が原因

ということで、

電気をあてたり、牽引をしたり。

数回通いましたが、本当に痛くて辛そうでした。

そうこうしているうちに、夜中に、肩の痛みが酷くなり、朝まで我慢できない感じとなり、自分で起きることもできないと言うので、救急車を呼ぶことに!

肩の痛みの原因は「偽痛風」



救急病院の時間外外来では、たまたま、整形外科の先生がいらっしゃり、肩から、水を抜いたりして、あれこれ検査。

ここでの診断結果は、

「偽痛風」

「偽痛風???」

初めて聞いた病名です。

偽通風とは、

「ピロリン酸カルシウムの結晶によって起こる関節炎です。

この結晶が軟骨に沈着するために、軟骨石灰化症(なんこつせっかいかしょう)とも呼ばれています。」
(Yahoo ヘルスケアより)

痛風は、尿酸塩の結晶が関節に炎症を起こすことが原因なので、原因となる物質が違うだけで、痛風の様な痛みを伴う関節炎ってことです。

ただ、偽通風は主に膝におきることが多いようで、肩ってのは、まあ少ない症例みたいです。

先生によれば、年寄りが入院したりして、身体を動かさない状態が続くとなることが多いそうです。

ん~・・・・

五十肩と言われ、痛みで動かせなかったから今度は偽痛風になったのかなあ・・・

リハビリにも通っていたのに。

整形外科の先生は、

「たぶん偽痛風だけど、ばい菌が入ったことが原因の関節炎だと良くないので、「培養検査」をして、ばい菌が原因ではないことを確認するので、念のため、培養検査の結果が出るまで、入院しましょう。」

とおっしゃいました。

へ?

肩が痛いくらいで入院???

と思いましたが、

年寄りだし、

ばい菌が入っていたりしたら、危険なので、

念のための入院なら、まあ、しかたない。

と言うわけで、そのまま、一週間ほど入院。

培養検査の結果、ばい菌はいませんでした。

やれやれ

ということで、無事無罪放免。

退院。

これで、肩の痛みともやっとおさらばできるのね。

良かった良かったと、この時は、一安心。

ところが・・・

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2371973470057080"
data-ad-slot="6866468604"
data-ad-format="auto">



治らない肩の痛み



退院から一週間後、担当の先生の診察を受けに行って、

どうもありがとうございました。

とお礼を言って、これで、大丈夫と思った矢先に、

また、肩が痛い!

ということで、整形外来を受診。

「あらら、水が溜まっているね」

と、水を抜かれる。

それから、何度も、「肩が痛い」

と言って、診察へ行き、痛み止めの注射を打ってもらったり、

リハビリで、肩周りを動かす練習をしたり。

リハビリでは、

本人は、「肩が痛くて、腕があがらない」

と訴えるけれど、

理学療法士さんが、手を持って、持ち上げると、すらっと、上がる。

自分で、肩に力を入れているから上がらないんですよ~

と言われてみたり。

3月には、あまりにも痛み止めが効かない感じなので、

「ステロイド」を始めることになる。

ブレドニゾロン 5mgを4錠

一週間後には、3錠

二週間後には、2錠

ちょっとづつ減らしていって5月には、1mg×2錠に。


それでも、何度も肩が痛いといっては、整形外科を受診するものだから、

4月の末に

「超音波検査」をしていただきました。

今度は、

「腱板断裂(けんばん断裂)」

と言われる。

腱板断裂とは、つまりは、肩の「スジ」が切れているってことです。

完全に切れているわけではなく、

部分的に切れているところがあって、

これは、高齢者には、良くあることで、切れた健板の端っこが刺激して炎症を起こすらしい。

腱板断裂なら、安静にしなければいけないし、

動かさないと、偽痛風を繰り返すリスクがあるし、

じゃあ、一体どうすれはいいの???

という感じになってしまいました。

年寄りの肩には、痛みが出る理由が幾つもあるんですね~

そうこうしているうちに、

5月の末には、左肩の痛みが強く、整形外科の外来へいくと、血液検査の結果、炎症反応が1月の入院時の次くらいに強い。

偽痛風の再発。

・・・・・

とかいうことを繰り返し、

6月に、

手首、肘、肩の超音波検査

水が溜まっている・・・

ということで、

血液検査

2015年6月20日

関節リウマチ

との診断が下る。

先生は、「リウマチ」なら、治療法も確立しているし、

選択肢も沢山あるから、良かった。

とのお言葉。

7月から、リウマトレックス開始。

最初の五十肩から、リウマチの診断が出るまで、7ヶ月もかかってしまいました。

通っていたのは、整形外科と内科とで「リウマチ膠原病センター」を開設している病院。

なので、初期の段階で、リウマチとの診断が下り、

治療を開始すれば、進行を抑えることができるそうです。

それにしても、7ヶ月。

リウマチって確定するのに、時間がかかるものなのですか?

と看護師さんに聞いてみたら、

他の可能性を一つづつ、潰していくので、確定するまである程度時間がかかるものあらしい。

そうなんだ・・・

ともあれ、ここから、リウマチの治療が始まりました。


スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2371973470057080"
data-ad-slot="3913002201"
data-ad-format="auto">



関連記事

  1. 介護日記

    小林麻央もやっているハイパーサーミア(温熱療法)の費用はガン保険でおつりがくる!

    ハイパーサーミアという癌治療のための温熱療法を小林麻央さんが受けている…

  2. 認知症

    介護日記

    老健のショートステイとコードブルー再放送

    人気ブロガー、あしゅらさんの、介護ブログ「13番さんのあな」の「じいち…

  3. お買い物

    アマゾンプライムでリハビリパンツ

    最近、大活躍のアマゾンプライム母のリハビリパンツ定期購…

  4. 介護日記

    認知症ケアで大切なことが知りたくて本を買ってみた

    認知症ケアで大切なことは何?母がいよいよ認知症っぽくなってきて…

  5. 認知症

    介護日記

    母のショートステイと周囲の高齢化

    母が今月も無事老健のショートステイを終え帰宅。老健からの連絡事…

  6. 認知症

    介護日記

    肩に尿取りパッド

    昨日帰宅すると、母の両肩に、「尿取りパッド」が乗っている!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 認知症

    介護日記

    叔母の介護認定
  2. 富山みやげ、ささら屋の白えびせんべい母の日セット
  3. テレビ

    マツコの知らない世界おすすめクルーズ上田寿美子さん
  4. 認知症

    介護日記

    杉田かおるの介護の終わりと小室哲哉の不倫報道
  5. 介護日記

    デイサービスの効果
PAGE TOP