未分類

若年認知症の人を支える15人のサポートチーム

2月15日の朝日新聞に「若年認知症の友に寄り添って」という記事が掲載されていました。

若年認知症になったのは、50代の女性

兵庫県芦屋市の佐治雅子さん。57歳。

明るく社交的で、ご本人が、高齢者住宅の生活援助員として、働いていました。

2014年の秋に若年のアルツハイマー病と診断されたそうです。

認知症の症状は、

待ち合わせの時間がわからない

漢字がかけない

何かおかしいと周りの友人が感じ、診察を進めたそうです。

2015年春には、本人は退職。

父親と二人暮らしだった彼女を心配した、友人達が、

「お願いだから、できないことを正直に言ってね」

と頼み、様々な症状を具体的に友人に伝えます。

アナログ時計が読めない

洋服の前後を間違える

毎日献立を考えるのがしんどい。

歩くと目の前に深い穴があるように見える。

そんな、訴えを聞いた、友人達が、15人でサポートチームを結成します。

介護サービス利用や通院の日程管理

ホームヘルパーさんにレシピを渡す

病院への付き添い

などなど。

そんな友人の助けを借りて

佐治さんは、月2回メンバーと一緒にドラムレッスンに通ったりと、充実した生活を送っているそうです。

サポートチームの方々は、

「友達でいたいから、せなしゃーない」

とおっしゃっているそうです。

ご本人が認知症という病気を受け入れているが、人生をあきらめたわけではないから。

だから、自分たちも、一緒にあがきたい。

と。


お人柄なんでしょうかね~

家族以外で、こんなに、支えてくださる方がいるって、心強いですね。

振り返って、

母のことを考えていました。

現在、家族の他に、、母の生活を支えてくださっているのは、

ケアマネージャーさん

通所デイケアサービスの方(2箇所)

在宅リハビリマッサージの方

デイサービスのおくり山しや、「ほっと一息」サービス利用時にお願いしているヘルパーさん

整形外科の先生とリハビリスタッフの方

精神科の先生

循環器内科の先生

すでに、色んな方の手をお借りしています。

母の、習い事といえば、「お茶」ですが、

なかなか、参加できません。

足が悪かったりして、迷惑をかけるといけないと、行きづらい感じです。

年齢を重ねてくると、お友達も大勢他界していたり、

ご自分のことで精一杯だったりで、交流も途絶えがちになってしまいますね。

けれども、脳のためにも、

「家族以外の他人」との交流がとても大事だよ。

と精神科の先生にも言われています。

お薬の力で、パニック症状が治まりつつあり、

デイサービスで新しい人間関係を増やして、もうちょっと、元気で居てもらいたいなあと思ってしまいます。

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2371973470057080"
data-ad-slot="3913002201"
data-ad-format="auto">




関連記事

  1. 未分類

    「熱闘!介護実況」感想

    「熱闘!介護実況」という本を読みました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スクワット

    テレビ

    ディズニーシーのはじめてのおつかいと93歳のひいばあちゃん
  2. 介護日記

    ショートステイ利用 2回目
  3. 介護日記

    医療保護入院とは
  4. 日記

    親が亡くなるということ
  5. doctoer

    介護日記

    認知症の母の白内障手術
PAGE TOP