介護日記

認知症の症状

母は、結局認知症とわかってアリセプトを処方されてから、亡くなるまで6年間でした。

最初、認知症のイメージといえば、有吉佐和子さんの「恍惚の人」
認知症というと、語感がだいぶ柔らかいですが、物忘れというより、ぼけてしまって人格も破壊され、異常行動を繰り返す人
といったなかなかに恐ろしいイメージでした。

最初に診断された時の不安と言えば、どのくらいの年月で、どのくらいわけわからなくなってしまうのか。
寝たきりになってしまうのか。
といったことでした。

事実、母の友人で、特養に入って、何年も、もう、あまり他人の事もわからず、寝たきりの方もいらしたので。過去の日記を読み返したら、やっぱり、そんな不安を抱いた日の事を書いていました。

認知症が進み介護認定再調査

人によっては、初期症状のまま、4年も5年も保っている方もいらっしゃるそうな。
そして、記憶障害といっても、「出来事記憶」と「手続き記憶」の2種類あって、認知症の薬を使う目的は「手続き記憶」の維持が目的なのだそう。
「手続き記憶」が失われると、洋服を着ることとか、普通に意識せずに出来ていることが出来なくなるらしい。
——————————————–
そうそう、認知症が進行すると、食べ物を噛んで飲みこむ。という動作も忘れてしまうようになる。
と言われて、びくびくしたのを覚えています。
先生は、
「大丈夫。一つづつ、出来なくなったことを家族が補ってあげればいいのだから」
と、おっしゃいました。

けれど、仕事を辞めるわけにはいかない、私は、母が食事すら、付ききりで介助しないといけなくなったら、どうしたらいいのだろう。
と思いました。

結果、当初思っていたより、母は、母の人格を保っていました。
排尿のコントロールはできなくなり、
その日あったことは、忘れてしまっても、
食事はちゃんと噛んで食べていたし、テレビを見ながら会話も成立したし、母らしく、いつも、周りの人のことを気遣ってくれていました。

でも、まあ、ぎりぎりの状態だったのかもしれません。
薬を「飲む」ことができず、いつも噛んでしまっていたし、
コップから上手く飲むことができずに、赤ちゃんが使うようなストロー付きのカップにしたり、
だんだんと、「手続き記憶」が失われつつある時期に入っていたように思います。
そして、思いがけず、新柄コロナウイルスの流行で、在宅勤務の日が増えて、ほぼ、家に居る間は、付きっ切りで側にいることができたので、思い残すことなく介護ができたのだと思います。


スポンサードリンク

 

 

LINEで送る
[`yahoo` not found]

ピックアップ記事

  1. 在宅勤務 リモートワーク

関連記事

  1. 介護日記

    バイセル

    施設に入った叔母の家を売却する方向で話が進んでいる生きているう…

  2. 認知症

    介護日記

    毎朝迷うこと

    母が認知症のお薬アリセプトを服用し始めて、2年ちょっと。昨年の…

  3. 介護日記

    家庭の事情

    母の転倒、頭を切る事件後、ケアマネさんと、ケアサービスの見直しをお…

  4. 介護日記

    認知症3人目

    私の周りでの認知症発症3人目は、父の妹にあたる叔母。88歳神奈川県…

  5. 介護日記

    デイサービスの効果

    先月から週4日行き始めたデイサービス。母は、おしゃべり相手もで…

  6. 認知症

    介護日記

    肩に尿取りパッド

    昨日帰宅すると、母の両肩に、「尿取りパッド」が乗っている!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 介護日記

    ショートステイ利用 2回目
  2. 老眼予防の食べ物はほうれん草のルテインだ!
  3. 未分類

    健康寿命ランキング1位の山梨県。秘密はマグロ?サタデープラスより
  4. テレビ

    銀さんの娘の長寿の秘密(人間とは何だ?)
  5. 介護日記

    デイサービスの効果
PAGE TOP