映画

竹内結子さん映画


週末に竹内結子さんの映画を2本見ました。

チームバチスタの栄光

ナチュラルルージュの伝言
です。
原作は、海堂尊さんの小説


 

チームバチスタシリーズは、映画版では、不定愁訴外来の診療内科医田口(竹内結子さん)と、厚生労働省の役人白鳥(阿部寛さん)
の組み合わせですが、
シリーズ化されたテレビドラマ版では、田口・白鳥の組み合わせが、伊藤淳史さんと仲村トオルさんでしたね。

チームバチスタの栄光のあらすじは、
難しい心臓手術、バチスタ手術を次々と成功させていた、バチスタチームでしたが、3件立て続けに、術死が起こり、心療内科医である田口がその調査を依頼され、厚労省の役人白鳥が、助っ人に入り、犯人を割り出す。
というお話。
バチスタチームのメインの外科医は、桐生恭一は、吉川晃司さんでした。

ナチュラルルージュの伝言のあらすじは、
救命救急のセンター長 速水晃一(堺雅人)が医療業者「メディカル・アソシエイツ」と癒着しているという内部告発文書が、田口のもとに届き、さらに、メディカル・アソシエイツの担当者が、ヘリポートから落下して死亡する。という事件がおこり、その調査に、田口・白鳥コンビが活躍するお話
堺雅人さんが若い!

竹内結子さんは、ストロベリーナイトや、ミスシャーロックなどのように、頭が切れて、優秀で冷淡な刑事役も印象が強く、好きでしたが、
バチスタシリーズの田口公子役では、不定愁訴外来は、愚痴外来などと呼ばれ、一日患者の愚痴を聞いているだけで、高収入を得ているなどと、外科医たちからバカにされながらも、けなげに生きている姿が可愛くて好きでした。

素の竹内結子さんも、こんな風な繊細な心の持ち主だったのでは、と、思ってしまう映画です。

阿部寛さんは、コミカルな役どころで、格好良くも、楽しい。

それにしても、ドラマ版の中村トオルさんは、役人が似合うなあ・・・
救命病棟師リースでも、役人でしたよね~

でも、何度も観てしまうのは、ストロベリーナイトですかね。


ストロベリーナイトは、映画もドラマも、なかなかにハードな事件で、内部でも、軋轢があったりして大変なお話ですが、たまらなく面白い。

映画版のストロベリーナイトは、原作は「インビジブルレイン」誉田哲也

トラウマを抱えた刑事姫川(竹内結子)が、ヤクザの牧田(大沢たかお)さんと関係を持ち、姫川を思い続けている菊田(西島秀俊)は牧田に男としての思いを見抜かれ挑発される。

小出恵介が姫川の部下役で出ていて、後に結婚する中川大樹さんも出演している作品です。

警察の面々も、生瀬勝久、武田鉄矢、宇梶剛士さんら、強烈な人たちがバチバチやっていて、濃い・・・・

西島さんの菊川の姫川に対する想いが、最高に切なくなってしまうのが、映画版のストロベリーナイトです。

大沢たかおさんが、これまたセクシー♪

 

スポンサードリンク


 


ピックアップ記事

  1. 在宅勤務 リモートワーク

関連記事

  1. 映画

    岡田准一、小栗旬、主演の映画「追憶」感想

    岡田准一、小栗旬、柄本佑主演の映画「追憶」を見てきました。99…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. テレビ

    ペニシリン
  2. 介護日記

    緊急事態宣言 デイサービス
  3. 介護日記

    ショートステイ利用 2回目
  4. 介護日記

    訪問診療と訪問美容
  5. 介護日記

    小林麻央もやっているハイパーサーミア(温熱療法)の費用はガン保険でおつりがくる!…
PAGE TOP