未分類

「熱闘!介護実況」感想

「熱闘!介護実況」という本を読みました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

熱闘!介護実況 [ 松本秀夫 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/2/10時点)



著者は、松本英夫さん

ニッポン放送の看板アナウンサーです。

熱闘!介護実況あらすじ



松本さんのお母さんを、7年間介護した体験を野球の実況になぞらえて、書かれた本です。

松本さんのお母さんの介護のきっかけとなったのは、「胆石」の手術でした。

「胆石」なのだから、手術して、石を取ってしまえばそれで終わり。

となるはずでした。

B病院で手術&入院。

62歳とまだまだお若く、友人との趣味や旅行にと、一人暮らしを満喫されていたお母さん。

ところが、手術後の体調がなかなか回復せず、

「死にたい」とまで口走るようになり、

ついには、心療内科の診察を受けることになります。

ここで、診療内科のC病院に、2ヶ月入院。

自殺に至るような危機的状況は脱した。

ということで、退院。

お母さんの実母の方と同居していましたが、無気力のまま。

B病院のメンタル部門に、病院を変える。

うつ状態が酷くなったことで、荒治療とも思える「通電治療」を行う。

実母の家に同居して、通院を続けるも、「唾が気になりだす」

主治医の先生が開業したことで、D病院に通う。

F研究所の「森田療法」を受ける。

が効果が見られない。

知人の紹介で、G病院で診察を受ける。

G病院から系列のI病院を紹介される。

ここで、病名が判明

「前頭葉側頭葉型痴呆」の疑い。

現在では「前頭側頭型認知症」という病名。

アルツハイマー型や脳血管性認知症に比べると患者数の少ない認知症だそうです。

そういえば、認知症とういう言い方は、最近のものなのですよね。

一昔前は「痴呆」

なんだか、悲しい言葉ですが・・・・

アルツハイマーという名前は結構前からあった気がする。

やがて、I病院に入院、3ヶ月。

1年後に、再入院、3ヶ月。

この頃に、要介護認定。

I病院に通院しながら、デイサービス通い。

やがて、メンタル系の病院としては実績のあるK病院に入院

某看護師による虐待(暴力的発言など)を受け、転院

松本氏が同居を決意

デイサービスとヘルパーさんを活用しての介護生活

の数年が過ぎ、自宅で転倒、救急搬送され、救急外来で診察後転送されT病院に入院

特別養護老人ホームに入所

転倒し大たい骨骨折

V病院で手術入院

最終的に、武蔵野中央病院に入院。

最後は、急激に血糖値が下がり逝去。

熱闘!介護実況感想



松本さんは、弟さんとの二人兄弟。

介護に関しては、松本さんと、弟さんと、松本さんの祖母が主な介護者。

これは、大変だったろうなぁ・・・・

と想像できます。

今だったら、認知症についても、テレビやインターネットで多くの情報が流されていますが、松本さんの介護が始まったのは、2000年あたり。

まだ、認知症という言葉も一般的でなかった時代でした。

「前頭葉側頭葉型痴呆」の疑い。

という診断が下るまでにも、幾つもの病院を転々とし、

病名が分かった後も、受け入れ先を探して、転院・転院

大変だったろうなあ・・・・

ここ一ヶ月の母の騒ぎでも、

救急搬送→検査→異常なしと帰される

再び救急搬送

的な繰り返しで。

結局、

頚椎症

リウマチ



は、それほど、痛みが強くでるほど悪くは無い。

老化現象的慢性疼痛だし、本人の感受性の問題的な扱いで

結局、認知症の周辺症状としてのパニック障害

というところに落ち着いたけれど。

頸や膝が痛むことは、きっと変わりなく、痛みのコントロールが必要になるのであろうと思われます。

年末からの、寒気や、吐き気などのもろもろの体調不良は、K総合病院の膠原病内科の先生によれば、これだけ薬を飲んでいればねえ・・・

リウマチの薬を少し減らしても良いのではとのお話。

薬をやめたら、良くなったという話もよく聞きます。

狭心症と、リウマチと、頚椎症と認知症

それぞれの病気は、今の所薬が効いていてコントロールできている状態

ということになるのでしょうが・・・

一度バランスが崩れると、何が原因かわからなくなる。

ん~~

難しいなあ。

松本さんは、ご自分の介護は「失敗だった」と締めくくられていますが、

急にそういう場に立たされたら、わからないことだらけで、その中で一生懸命選択されてきたことなのだから、それしかなかったのだと思います。

とりあえず、命に関わる病を抱えているわけでもない母のことでも、これだけ迷うのに、

癌の患者さんのご家族の大変さが想像されます。

病気って、患者も家族も、素人ですから。

その中で、さらに時間との戦いの中で、選択していかなければならない。

後悔が無いことなんて、ないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2371973470057080"
data-ad-slot="3913002201"
data-ad-format="auto">



関連記事

  1. 未分類

    若年認知症の人を支える15人のサポートチーム

    2月15日の朝日新聞に「若年認知症の友に寄り添って」という記事が掲載さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 未分類

    「熱闘!介護実況」感想
  2. テレビ

    ゆとりですがなにかスペシャルが面白い!でHULU
  3. お買い物

    通販でショルダーバック購入!
  4. 介護日記

    肩の痛みで腕が上がらない原因は?
  5. スクワット

    テレビ

    ディズニーシーのはじめてのおつかいと93歳のひいばあちゃん
PAGE TOP