介護日記

家庭の事情

母の転倒、頭を切る事件後、
ケアマネさんと、ケアサービスの見直しをおこなった。

現在平日、だいたい、16:00まで、デイサービスに行っているのですが、
間に、午前中だけ、リハビリ中心のデイケアに行く日がある。
その日は、昼に戻ってきて、一人で昼食をとって、16:00頃マッサージの人に来てもらう。
というスケジュールで、無事回っていたのですが、
一人で、昼食~16:00まで置いておくのがちょっと不安になる。

フルタイムのデイサービスの日は、帰る前にリハパンの取り換えをお願いしているので、
それで、だいたい16:00から私の帰宅まで、持つ感じ。

昼から16:00の間に、トイレに行くときに家でまた、転倒したら・・・
と思わずにいられなく、
デイケアをやめて、デイサービスに変更。
マッサージの人は継続

デイサービスの朝の時間も早めてもらい、
帰宅は16:45頃。
17:00-18:00は義妹に居てもらい、
18:00私が帰宅。
予定。

私の契約時間も変更。

極力母が家で一人になる時間を減らした。

身体の動きが悪くならないように、デイケアを入れていたので
それを削るのは、迷いましたが、
それよりも、見守り優先ってことで。

デイケア行っても、膝が痛いので、たいしたことはできてないみたいだし・・・

何を優先するかは、迷うことが多いなあ。

とにかく、
会社と相談して、契約時間を変えてもらった。

私の場合は、家庭の事情は「介護」だけれど、

まわりを見渡すと、「家庭の事情」で、遅刻・早退を余儀なくされている方が、結構多い。

それは、共働き、子供が小さいという、30代くらいの方々。

今の共働き世帯の子育て事情が反映されている模様です。

働き盛りの男性でも、家事・育児を分担しないでは済まされない、ご時世なのですね。

我が家では、弟夫婦の子育てには、父と母がまだ、元気だったし、途中から同居し、お隣が幼稚園だったこともあり、
フルサポート体制でした。

家庭の事情で弟が仕事に支障をきたしたことは一度もない。

父母世代の子育て時には、父親が家庭の事情で早退するなど、ほとんど考えられなかったことだろう。

大体が、専業主婦で、祖父母の応援も得られた時代だからね。

今時の若いパパは、大変だ。

義父母が健在でも、家事・育児への介入をかたくなに拒む嫁さんもいらっしゃるみたいで、
当然、しわ寄せは夫に来る。

しわ寄せって言っちゃいけないんだろうね。

二人の子供のことなんだから。

育児と介護は、先が読めない事が多いから。
と、私の度々の事情にも理解を示して頂ける職場に感謝して、
お勤めさせて頂いています。

それにしても、
母の、歩行状態の悪さが気になる。

デイサービスや、ショートステイでは、杖をつきながらでも自立歩行できているようなんですが、

自宅では、布団からの立ち上がり、
トイレへの移動が、ものすごく大変。

膝の問題なら、まあ、仕方ないけれど。

脳に問題があったり、
薬のせいだったりするなら、
何か改善策を探さないといけないな。

と思う今日この頃。


スポンサードリンク


LINEで送る
[`yahoo` not found]

ピックアップ記事

  1. 在宅勤務 リモートワーク

関連記事

  1. 認知症

    介護日記

    大山のぶ代さんの認知症介護をしていた砂川啓介さん亡くなる

    大山のぶ代さんの夫、砂川啓介さんが亡くなられました。がんだった…

  2. 介護日記

    老健のショートステイ初体験ーその2

    老健のショートステイ初体験ーその2老健での1日の流れは、こんな…

  3. 介護日記

    嵐の活動休止と薬剤師さんの異動と美容師さんの退職

    ニュース速報になるなんて凄いね嵐。まあ、20年間やってきて、3…

  4. 介護日記

    訪問診療

    今日は、母の訪問診療日内科的にはあまり問題なさそうでしたが、脚…

  5. 介護日記

    昼の母と夜の母

    新しいデイサービスに通い始めて一ヶ月がたちました。朝は、たいて…

  6. 介護日記

    老人ホーム

    母の姉にあたる、叔母は近所で一人暮らしをしていましたが、認知症が進んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 介護日記

    認知症予防に効果のある食べ物と指折り運動(ジョブチューン)
  2. 介護日記

    デイサービスの効果
  3. 介護日記

    首が痛い原因は頚椎症?
  4. 介護日記

    13番さんのあな(山田あしゅらさんの介護ブログ)熟読中!
  5. 未分類

    若年認知症の人を支える15人のサポートチーム
PAGE TOP