あずき茶

健康

むくみ解消「あずき茶」の作り方(サタデープラスより)

サタデープラスでむくみ解消にきく、「あずき茶」の作り方をやっていたのでメモります♪

あずき茶のレシピ



材料:あずき50g、水400ml

あずき茶の作り方

①小豆をよくあらって、アルミホイルに重ならないように並べる
②オーブントースターで5分加熱
③加熱した小豆と水を500Wのレンジで10分加熱
出来上がり!!
レンジではなく、やかんで煮だしてもOK!

小豆には。体内の水分調整を行い、利尿作用もある「カリウム」が豊富。
カリウムは、水溶性なので、汗と一緒に体外に出てしまいやすいので、大量に汗をかく夏には不足しがちです。

カリウムを多く含む食材


カリウムの含有量は、100gあたり
すいか 120ml
きゅうり 200ml
ニンジン 270ml
あずき 1500ml
と、あずきがダントツに多いです。
さらにあずきには「サポニン」という利尿効果が期待できる成分もふくんでいるので、むくみ予防に最適!

2分でむくみ解消方法



①椅子に座ったまま、かかとを上げ下げ、20回
 ふくらはぎは第二の心臓を呼ばれ、むくみ解消にふくらはぎを動かせ!とはよく言われることです。
ふくらはぎの筋肉で血液を心臓に戻します。

②椅子に座ったまま足を交互に蹴りだす。20回
下半身の中で最も大きな筋肉、「大腿四頭筋」を動かして血液を戻す。

③深呼吸
横隔膜を上下させることで、静脈の血液を押し上げる。

むくみとは


むくみとは、「血管の中の余分な水分が血管の壁から、外に染み出して、細胞の間にたまった状態」のこと
重力の関係で、足に水分はたまりやすいので、むくみも足にでやすい。
また、筋力の弱い女性に多くみられるということです。

夏のむくみの原因は


むくみは、立ち仕事の人には、切ってみきれない悩み事のひとつですが、普段あまりむくみとはご縁のない人でも、夏にはむくみやすい。という人も多いです。
夏には汗もかくし、体に水分が溜まるというイメージがしにくいですが、
夏にむくみやすい、つまり水分が溜まりやすい原因は何でしょう?

原因その1:
夏は気圧が低く、血管が広がりやすく、血流の勢いが弱まることで、血管から水分が染み出しやすくなること

原因その2:
汗と一緒に水分代謝を調整する物質が体外に排出され、むくみやすさにつながる。

むくみで足からアンモニア臭がするようになる!


むくみで生まれる臭いには、アンモニアがまざっていて、疲労臭とよばれます。
血流が鈍くなると、アンモニアなどの老廃物を肝臓が分解しきれず、重力の関係で足に蓄積し、疲労臭となります。

むくみが夏太りの原因に?


石原クリニックの石原新菜(いしはらにいな)先生によると、二重顎や二の腕のたるみ、ぽっこりお腹もむくみが原因のことがあるそうです。
足と同じように、重力で水分がたまりやすい場所ってことですね。
なので、むくみ解消で、きになる夏太りも一気に解消される場合も!!

あずき茶と、ちょっとした体操で、むくみが予防できるなら、
やってみる価値ありますね♪

ためしてみましょう♪♪

スポンサードリンク



関連記事

  1. ダイエット

    テレビ

    食事の30分前に野菜ジュースでダイエット!林先生が驚く初耳学

    食事の30分前に野菜ジュースを飲む。だけで、1か月で、約4キロ…

  2. ボンディのカレーがレトルト!通販あり?

    ボンディといえば、神保町の有名なカレーの名店!!「神田カレーグ…

  3. テレビ

    銀さんの娘の長寿の秘密(人間とは何だ?)

    TBSの生命38億年スペシャル、人間とは何だ?で金さん、銀さん…

  4. スクワット

    テレビ

    ディズニーシーのはじめてのおつかいと93歳のひいばあちゃん

    昨日のテレビ番組「はじめてのおつかい」で、4歳くらいのひ孫ちゃんが、デ…

  5. 健康

    認知症の予防法、睡眠と食事!(ガッテンより)

    アルツハイマー型認知症は予防できる!とガッテンでやっていたのでメモ!…

  6. 健康

    健康のための食べ物

    昨日の、老眼予防に「ルテイン!」は、ほうれん草のツナ炒…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. テレビ

    マツコの知らない世界おすすめクルーズ上田寿美子さん
  2. 介護日記

    老健のショートステイ初体験ーその2
  3. 認知症

    介護日記

    杉田かおるの介護の終わりと小室哲哉の不倫報道
  4. 認知症

    介護日記

    患者を生きる(認知症)朝日新聞と認知症の症状
  5. 介護日記

    昼の母と夜の母
PAGE TOP